誰にも聞かずにこっそり覚える、中高年シニア世代のためのスマートフォン講座

Android(アンドロイド)とは 誰にも聞けないスマートフォンの種類



スマートフォンは、制御の根幹部分で分類すると主に3種類に分けることができます。
その3つとは、
①:Android(アンドロイド)
②:iPhone(アイフォン)
③:WindowsPhone(ウィンドウズフォン)
です。

このうちAndroidについて詳しく見てみましょう。

そもそも、スマートフォンを制御する根幹部分をOS(オペレーティングシステム)と呼びます。

まずはパソコンで考えてみましょう。
例えば、現在このページを閲覧しているパソコンは、WindowsやMacかもしれません。
このパソコンの、WindowsやMacの部分がOSです。

OSも月日と共に新しくなります。
例えば、WindowsというOSもだんだん新しくなり、Windows98→XP→7という風に新しくなってきました。

スマートフォンに戻って考えてみると、スマートフォンの根幹部分であるOSが「Android」というOSであれば、
「Androidスマートフォン」と総称されることになります。

AndroidはGoogleが開発しているOSです。

ですからGoogleサービスとの連携がスムーズです。
例えばパソコンでGmailやGoogle検索をよく利用しているのであれば、同じデータをスマートフォンでも扱うことができます。
これをクラウドと呼びますが、それは別のページで考えてみましょう。
日本では、SoftBank・AU・docomoから、Androidスマートフォンが発売されています。

Android(アンドロイド)のメリット

●アプリを簡単に公開できるので、自由度の高いアプリが多い。
●Googleサービスとの相性が良い(Gmeil・Googleカレンダーなど)。

サイトメニュー

スマートフォン・携帯でアクセス

始めてのスマートフォン

スマートフォンの種類

スマートフォンの選び方

用語辞典

    NPPとは